スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手を出す子どもの悩み

1歳半~2歳前後の子どもは、お友達を引っかいたり、噛みついたりして、相手を傷つけてしまうことが良くあります。
このような行動は、やった側もやられた側、そして親にとっても辛い問題となります。
この頃の子どもは、自我が芽生え、何でも自分でしたい、という思いであふれており、とても欲張りになってきます。
また、だんだんとお友達にも興味が出てきて、関わりたいという気持ちも持ち始める時期です。
お友達と一緒に遊びたいけど、まだうまく相手に言葉で伝えることができず、遊びたい気持ちが先に出て、噛んでしまうことがあります。
お友達の持っているおもちゃが欲しい、その一方で、まだこのおもちゃで遊んでいたい、とお互いが思っていても、言葉ではそれぞれの気持ちをうまく伝えることができません。
また、人との関わり方もまだ十分でないので、手を出すことによって、相手に伝えようとしてしまうのです。
子ども同士で、好きなおもちゃを横取りしたり、すぐにけんかになったりすると、「うちの子はわがままなのかな」、「乱暴な大人になるのでは」、などと不安になってしまうかもしれませんが、これらの行動は、子どもがしっかりと成長している証拠と言えます。
引っかいたり、噛み付いたりは、大きくなってもずっと続くわけではありません。
もっと言葉が話せるようになり、大きくなれば、自然になくなるものです。
もしかして愛情が不足しているのでは・・・、と心配することは全くありませんよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。