スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離乳食には「フリージング」

赤ちゃんが5~6ヶ月になると、離乳食が始まりますが、毎日、離乳食用に少しだけ作るのは、案外大変なことでしょう。
そこでおすすめなのが、「フリージング」です。
おかゆやゆで野菜を多めに作って冷凍しておけば、時間も手間も省けて、とても便利ですよ。
おかゆ、スープ、だしなどは、製氷皿に入れれば、1食分ごとに使うことができます。
凍ったら1個ずつ取りはずして、フリージングバッグに入れ、品名と日付を記入しておきましょう。
野菜などペースト状のものは、ラップに包んだり、ビニール袋などに入れたりして保存してください。
完全に空気を抜いて、食品の酸化を防ぎましょう。
筋目をつけておけば、冷凍した後にポキッと折れるので、1回分ずつ使えて便利です。
ゆでた青菜野菜は、水けをよく絞って棒状にし、ラップに包んで冷凍しましょう。
使う時は、凍ったまますりおろせば、なめらかになり、離乳初期にとても便利です。
中期までは、葉先の柔らかい部分のみを使いましょう。
鶏のささみは、筋を抜いて火を通し、繊維をほぐしながら細かくなるように裂きます。
ラップに包んだら、薄く平らにして保存します。
離乳中期には、生のまま冷凍しても使えます。
凍ったまま、だしやスープにすりおろして加熱すれば、とろみをつけることができます。
また、フリージングに不向きなものもあるので、気をつけてください。
たとえば、豆腐、ヨーグルト、きゅうり、レタスなどです。
卵は、生卵の場合は卵白だけ、また薄焼き卵や炒り卵なら冷凍保存できます。
牛乳は、ホワイトソースにしたものならOKです。
じゃがいもは、ゆでてつぶしたマッシュポテトなら冷凍できます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。