スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断乳・卒乳の悩み

卒乳を赤ちゃんにまかせていると、ズルズルとやめられなくなってしまうことが多いです。
最近では、無理にやめさせる必要はない、という考えが主流となっています。
ただ、ミルクを哺乳びんであげている場合は、1歳半頃になると、虫歯になる危険性があるとも言われています。
また、離乳食がなかなか進まないこともあります。
断乳のポイントは、やると決めたら、“3日間”で決着させることです。
しかし、母乳をやめる場合は、お母さんの体についても考慮して、準備期間がある程度必要となります。
いきなり母乳をあげなくなると、乳腺炎を発症させてしまう場合があるのです。
最初の2~3日は、ミルクやおっぱいを与える時間を減らしていき、赤ちゃんの様子を見ます。
平気そうだったら、回数と量を減らしていきましょう。
どうしても、泣いて欲しがって困った時は、お茶や牛乳を与えたり、おやつで気を紛らわせたり、外へ連れて行ったりして乗り切りましょう。
1週間、回数と量を減らしてきたら、その後3日間は、全く飲ませないようにしましょう。
寝る前にどんなに泣いても、絶対に与えてはいけません。
かわいそうですが、ここを乗り越えることができれば、赤ちゃんも諦めると思います。
3日間乗り越えることができたら、後はお母さんのおっぱいのケアです。
ここで乳管口の詰まりを取るために、排乳をします。
そして、5日~1週間は、出さないでためておきますが、それほどたまらないと思います。
2回目の排乳をして、乳管口の詰まりを取って、次は1ヶ月ためたら排乳します。
このような方法を3~4回繰り返したら、断乳の終了となります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。