スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの言葉

1歳代の子どもさんのお母さんにとって、最も気になることと言えば、「言葉」についてでしょう。
もうすぐ2歳だというのに、「マンマ」くらいしか言えず、言葉をほとんど話そうとしなかったら、心配になってしまいますよね。
この時期は、「言える」ことよりも、「わかる」ことの方が重要です。
だから、焦らなくても大丈夫です。
「マンマ」しか言えなくても、「あーあー」と声を出して、何かを伝えようとしていれば、全く問題ありません。
だから、早く言葉が出るように、教え込んだり、無理やり言わせようとしたりするのはやめましょう。
言葉が出ない子でも、お母さんの言っていることは、わかっているものです。
お母さんは、子どもさんの目を見て、笑顔でゆっくりと話しかけてあげましょう。
楽しく言葉を繰り返していれば、そのうちに、言葉の良さに気づくはずです。
言葉が言えなくても、それだけで十分なのです。
また、子どもさんの行動などを、「~しているね」と言葉にしてあげると、だんだんと行動と言葉がつながって、「言葉」として出るようになってきます。
また、同じくらいの他の子は、はっきりと話せるのに、自分の子は、ちゃんとした単語にならないと、このまま話せないのでは、と不安になってしまいますよね。
このような子は、音声と物、事柄が、まだ結びついていないのかもしれません。
でも、どうしてもお母さんに伝えたくて、声に出して話しかけているのだと思います。
だから、何を言っているかわからなくても、それを否定せずに、よく聞いてあげましょう。
そして、少しでもわかる言葉があったら、それを言葉に置き換えて、繰り返しましょう。
そうすることで、うまく言葉と事柄が結びついてくるはずです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。