スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもちゃ選び

子どもにおもちゃを与えるのなら、知力や想像力、体力など、子どもの成長に役立つものを選びたいものです。
おもちゃは、子どもの発育に合ったものを選び、親も一緒に遊んで楽しみを分かち合うことで、効果的に成長をサポートすることが可能になります。
それでは、おもちゃの種類と、その機能と効果を紹介します。
見る・聞く・・・ガラガラ、人形、楽器などのおもちゃは、音の楽しさや色の美しさが、五感を刺激することで、感性豊かに育みます。
また、人形や動物などは、豊かな愛情を養います。
ごっこ遊び・・・おままごと、着せかえ人形、水鉄砲、電話のおもちゃは、想像力やコミュニケーション能力を高めて、社会性を身につけることができます。
体を動かす・・・ボール、三輪車、バトミントン、縄跳びなどは、手・足や、体全体を動かすことにより、運動神経を鍛えて、健康な体に発育させます。
動く・・・ゼンマイや電池などで動く車や動物などのおもちゃは、思いもよらないおもしろい動きが、子どもの好奇心を刺激して、探究心を育みます。
組み立てる・・・積み木、おりがみ、パズル、粘土、ブロックなどの、何かを作るおもちゃは、造形したり構成したりする能力を養います。
さらに、集中力やバランス感覚も高めることができます。
ゲーム・・・トランプやパズルなどは、知的好奇心を育てるだけではなく、家族や友達と楽しむことで、コミュニケーション能力を高めて、協調性といった社会性を育みます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。