スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指しゃぶりはいけないこと?

指しゃぶりは、「虫歯になる」、「いつまでもやめられなくなる」など、さまざまな悪い噂がありますが、それらは本当なのでしょうか? まだ乳歯段階の3歳までは、指しゃぶりをしていても問題ありません。
多少乳歯の歯並びに問題があっても、永久歯に残ることはほとんどありません。
また、この頃は、発達過程の一過性として指しゃぶりをしているので、そのままにしておいても、自然にやめるようになります。
ところが、指しゃぶりを3~4歳になってもしている子がいます。
永久歯に生え変わる直前までしていると、永久歯の歯並びに影響する場合があります。
そのため、3歳を過ぎてもやめられない場合は、親が徐々にやめさせるように意識しましょう。
指しゃぶりが問題となるのは、5~6歳を過ぎてからです。
一般的に、6歳頃から永久歯が徐々に生え始めます。
その頃になっても、指しゃぶりをしている場合は、すぐにやめさせなければなりません。
永久歯の歯並びは、矯正治療をしないと、ほとんど直りません。
指しゃぶりをすることにより、前歯が噛み合わなくなったり、極端に前歯が前に出てしまったり、歯並びが凸凹になってしまったりします。
また、指を常にしゃぶっている場合は、歯並び以外にも問題が発生します。
たとえば、口の筋肉のバランスが悪くなり、唇をうまく閉じられなくなってしまうこともあります。
その他にも、さまざまな症状が考えられるので、周りの人が気にして、やめさせられるようにしましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。