スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼稚園と保育園の違い

幼稚園と保育園の大きな違いは、幼稚園は、文部科学省が管轄する「教育」施設で、保育園は、厚生労働省が管轄する「福祉」施設ということです。
つまり、幼稚園は、小学校に入る前の教育の準備段階で、保育園は、親が保育に欠ける場合に入園できる、生活の一部のようなものです。
ただし、それぞれの園で特徴が異なっており、幼稚園に近い保育園もあります。
そのため、実際に選ぶ際は、幼稚園か保育園かというよりも、園を個別に見ていきましょう。
保育時間も、幼稚園と保育園では異なります。
保育園は、基本的には8時間保育です。
幼稚園は4時間保育となっています。
ただ、幼稚園でも、4時間以上の延長保育を実施しいるところもあります。
入園できる年齢は、幼稚園は、3歳からが基本的です。
保育園は、6ヶ月からなど低年齢から受け入れ可能のところがあります。
保育園に通っている子は、小さなうちから集団生活を送っているので、比較的、社交的な子になるようです。
簡単に、幼稚園と保育園を比較しましたが、実際は、単純には比較できるものではありません。
ほとんどの共働きの親は、保育園を選ぶこととなるでしょうし、都市などでは、待機児童の問題もあります。
また、過疎地域においては、園の数が限られている場合もあります。
親は、どうしても園に多くのことを期待してしまうと思いますが、一番大切なことは、親からの愛情を与え、親子の絆を深めることだということを、忘れてはいけません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。