スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2人目妊娠の注意

2人目の妊娠は、さまざまなことに注意が必要となります。
まず、妊娠に早めに気づくことが大切です。
体に少しでも妊娠の兆候が現れたら、市販の妊娠検査薬で調べましょう。
授乳している場合は、徐々に断乳できるように努力してください。
妊娠3ヶ月頃になると、つわりが始まるので、ほとんどの人が妊娠に気づくと思います。
つわりがひどい場合は、医師に相談しましょう。
妊娠4ヶ月頃には、つわりが治まって、普通に生活できるようになりますが、上の子がいるために、どうしてもゆっくりできないので、家事を100%やろうとせずに、手を抜くことも大事です。
また、食欲が出てくる頃なので、上の子と一緒に、おやつや食べ残しを余分に食べて、体重が増えないように注意しましょう。
妊娠5ヶ月に入ると、おなかが出てくるので、おなかに上の子が飛び乗らないように注意してください。
妊娠6ヶ月には、足元が見づらくなるので注意してください。
また、2人目は、無理をしがちなので、赤ちゃんのために、無理をしないようにしてください。
妊娠8ヶ月に入ったら、出産の準備をしておきましょう。
上の子が小さい場合、直前に準備をするのは大変です。
2人目は、早く生まれることが多いので、早いうちから出産に備えましょう。
また、入院中に、上の子の世話をしてもらう人と、子どもが問題なく触れ合うことができるようにしておきましょう。
妊娠10ヶ月に入ったら、遠出をしないようにして、いつお産になっても良いようにしておきましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。