スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吐いた時のケア

子どもがいきなり吐いてしまうと、お母さんは驚いてしまうと思いますが、そのような場合は、食中毒や急性胃腸炎などにかかっているかもしれません。
急に吐いてしまった場合は、まず、口の周りを濡らしたタオルなどで拭いて、口をきれいにゆすがせましょう。
衣服が汚れてしまった場合は、きれいなものに着替えさせます。
そして、下痢をしているかどうか確かめたり、熱を測ったりして、嘔吐以外の症状が現れていないかをチェックしてください。
喉に、吐いたものが詰まると、大変危険なので、お母さんの目がいつでも届くところに、横向きにして寝かせましょう。
吐く時は、何度も繰り返したり、急に吐いたりすることが多いので、枕元には、洗面器やタオル数枚を用意しておきましょう。
また、布団の上に、シーツやバスタオル、あれば防水用のシートなどを敷いておくと安心です。
嘔吐や下痢をしている時は、まず、胃腸を休ませることが大切です。
そのため、食事を無理に食べさせる必要はありませんが、脱水症状を起こさないように、お茶やイオン水などで水分を十分補給しましょう。
ただし、一度にたくさんの量を飲まると、再び吐いてしまう場合があるので、こまめに少しずつ飲ませるようにしてください。
嘔吐がとまってきたら、おかゆやゼリーなどの消化の良いものを、少しずつ与えていきましょう。
水分を全く取ろうとしない場合、何度も嘔吐や下痢を繰り返す場合、顔色や機嫌が良くなく、ぐったりとしている場合などは、すぐにかかりつけの病院を受診しましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。