スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上の子の思い

上の子が下の子をいじめて困る、と悩んでいるお母さんも多いと思います。小さい子どもにとって、下に弟や妹ができることは、大変な出来事なのです。幼い子どもは、気持ちの整理をすぐにつけることができないので、うれしい気持ちをもっていても、その反面で、複雑な心情も抱えているのだと思います。赤ちゃんが生まれると、大好きなお父さんとお母さんを、急にやってきた赤ちゃんに取られてしまうかもしれない、という不安でいっぱいになってしまいます。「赤ちゃんのせいで、こんなにさみしい思いをするのだ」と思い、何かに付けて、下の子に意地悪をしてしまうのでしょう。

お母さんは、そんな時、「お兄ちゃんなのに、そんなことしてはダメでしょ!」と叱るのは、良くありません。まず、お母さんが、いじわるをしてしまうお兄ちゃんの気持ちを、よく理解してあげることが、何よりも大切なのです。

上の子が抱えている不安を取り去るためにも、お母さんが、上の子のことをとっても愛していることを、言葉に出して伝えましょう。笑顔で抱きしめながら、何度も「大好き」と言ってあげてください。そして、お兄ちゃんが、下の子に優しくすることができたら、「お兄ちゃんは、えらいね」と思いっきり褒めてあげてください。

とてもうれしい気持ちと安心感が、上の子の心にどんどん増えていき、下の子への態度も、少しずつ変化していくでしょう。すぐには良い変化が現れないかもしれませんが、根気よく優しさを与え続けることが大切です。



小学校受験のための幼児教室 あすか会の合格講座
【DVD3枚+問題集+学習の手引き】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。