スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おやつ」の与え方

「おやつ」は、子どもにとって欠かすことのできない物です。
でも、たくさん与え過ぎると、次の食事を食べることができなくなってしまいます。
おやつの与え過ぎや、その内容には注意が必要です。
幼児期の食事は、年齢に合った3回の食事と、おやつを必要に応じて与えます。
おやつの基本は、食事の補助となる物を与えます。
例えば、ヨーグルトやチーズなどの乳製品、一口サイズのおにぎりやサンドイッチ、ゼリーや果物などを、食事に影響しない量だけ与えましょう。
ただし、甘いジュースやお菓子を、絶対に与えてはいけない、と言っているわけではありません。
量と時間をしっかりと決めて、「お楽しみ」として食べさせるのなら良いでしょう。
時間に関係なく、ダラダラと食べさせるのは、虫歯や肥満の原因にもなるので、与え方には注意しなければなりません。
また、健康飲料と言われる「牛乳」も、飲み過ぎには注意です。
幼児期には、牛乳を1日に250ml(コップ約1杯)程度飲ませると、カルシウムやタンパク質を補うことができます。
ただ、カルシウムなどは、牛乳からでしか摂れないわけではありません。
ヨーグルトやチーズなどの乳製品も含めて、それくらいの量となるように摂れば良いのです。
問題なのは、牛乳ばかり飲んで、あまり食事を食べないという子です。
牛乳には、ほとんど鉄分が含まれていないので、牛乳が食事代わりのようになっていると、「鉄欠乏性貧血」となってしまうことがあります。
牛乳の飲み過ぎには、くれぐれも注意してください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。