スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食事のマナー

食事をすることの楽しさや、食べ物を味わって食べることを、幼児期の子どもに教えるのは大切な教育の1つです。
また、食事を楽しみながら、少しずつマナーも教えていきましょう。
幼い頃に身につけた習慣は、そのまま変わることなく、ずっとその人に付いて回るものです。
大人になって社会に出た時に、恥ずかしい思いさせることのないように、子どもの頃から、ちゃんとした食事マナーを身につけることが望ましいのです。
それでは、小さな子どもさんでもできる、食事のマナーを紹介するので、家庭で参考にしてみてください。
・テーブルについたら、元気よく「いただきます」を言ってから食べ始め、食べ終わったら「ごちそうさまでした」を言う習慣をつけましょう。
・良い姿勢で食べるように心がけましょう。
背中を丸めて猫背の姿勢で食べるのは、お行儀が良くありません。
また、悪い姿勢で食べると、消化にも悪い影響を与えます。
背筋をピンと伸ばして、まっすぐと座って食べる習慣をつけましょう。
箸を右手で持って食べる場合は、左手は食器や茶碗に軽く添えるようにしましょう。
ひじをついて食べるのも、お行儀が悪いので、注意しましょう。
・家族と楽しく会話しながら食べるのは悪いことではないですが、大声を出して騒いだり、口に食べ物がたくさん入っているのにしゃべったり、食べている最中に立ち上がって遊び出したりするのは、お行儀がとても悪いです。
外食した際に、このような悪いマナーをすると、とても目立ちますし、周りにも迷惑をかけてしまいます。
家庭で普段の食事から、そのような行動は良くないことを教えておきましょう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。