スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食習慣による肥満の解消

子どもの肥満は、大人になっても肥満になったり、生活習慣病にかかりやすかったり、いじめの原因となったり、悪いことばかりです。
あなたの大切な子どもさんを救うためにも、親と子が協力して改善させる努力をしないといけません。
それでは、食習慣の改善による肥満解消のポイントを紹介します。
・糖分と油分の取り過ぎに注意しましょう。
脂肪は高カロリーですが、成長に必要となる栄養素なので、極端に減らさないように調整してください。
・揚げ物、焼き物、炒め物よりも、煮物の方が脂肪分を抑えられます。
・子どもに必要となるエネルギーは、学童期では、1日約2,000kcalと言われています。
そのことを頭に入れて、朝食400kcal、昼食800kcal、おやつ200kcal、夜食600kcalを目安として配分してみましょう。
・米やパン、麺類などの炭水化物は、エネルギー全体の60%程度にしてください。
・肉や魚、卵などの動物性タンパク質と、大豆製品の植物性タンパク質を摂りましょう。
・カルシウム(魚介類、小魚、乳製品、野菜、海藻など)を毎日必ず摂りましょう。
・鉄分(レバー、肉、魚、緑黄色野菜、貝類、卵など)を摂りましょう。
・食物繊維を多く摂るように、海藻、きのこ類、果物、根菜を料理に使いましょう。
・早食いをやめ、よく噛む習慣をつけましょう。
休憩しながら食事を取り、水で食べ物を流し込まないようにします。
・ジュースや牛乳を、水やお茶に替えるだけで、かなり摂取カロリーを減らすことができます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。