スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

授乳中の悩み

授乳中のお母さんは、食べたものがそのままおっぱいとなって、赤ちゃんの体に入るということで、いろいろと気を使うと思います。
コーヒーには、カフェインが含まれていますが、赤ちゃんのためには、全く飲んではいけないのでしょうか?慌しい子育ての中で、唯一の楽しみが“コーヒータイム”というお母さんも多いでしょう。
やはり、コーヒーのカフェインは、母乳を通じて赤ちゃんに伝わってしまいます。
毎日、何杯も濃いめのコーヒーを飲んでいると、赤ちゃんは不機嫌になったり、なかなか眠れなくなったりしてしまいます。
しかし、授乳中は、絶対にコーヒーを飲んではダメ、というわけではありません。
好きなモノや楽しみを我慢すると、ストレスがたまり、子育てに悪影響を与えたり、母乳の出も悪くなったりします。
コーヒーを飲む時は、薄めのものを1日1~2杯程度にしましょう。
子育て中でも、くつろげる自分だけの時間は大切です。
また、授乳中に、インフルエンザの予防接種を受けても良いのか、と疑問に思う人もいると思います。
授乳中でも、インフルエンザの予防接種は接種できます。
もし、インフルエンザにお母さんがかかってしまったら、本人だけでなく、小さな赤ちゃんも大変なことになります。
婦人科で受けなくても、体調が良い時に受けてください。
インフルエンザ予防接種は、抗体が体内につくられるまで約3週間かかります。
そのため、なるべく早めに受けるようにしましょう。
ただし、予防接種を受けたら、感染を100%防げるわけではないので、外出時のマスク着用や、帰宅後のうがい手洗いは忘れずにしてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。