スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝かしつけの方法

子どもが夜寝てくれないと、イライラしてしまいますよね。
そんな時は、次のような方法を試してみてください。
昼間は、外で思いっきり体を使って遊ばせるようにしましょう。
太陽の光に当たると、体内時計がリセットされるので、夜眠くなり、ぐっすりと寝ることができます。
また、昼寝の時間が遅過ぎると、夜眠たくならないので、早めに寝かせるようにしましょう。
そして、昼寝から起きてからも、体を思いっきり動かして遊ばせましょう。
寝る雰囲気をつくることも大切です。
少し部屋を暗くしたり、テレビを消したりして、静かな環境をつくりましょう。
そして、布団に入って、その日にあったことなどの話をしたり、好きな絵本を読んだり、童謡を歌ったりしましょう。
とんとん背中を叩いたり、顔やお腹をすりすりとマッサージしたりすると、眠気を誘います。
また、お気に入りのタオルやぬいぐるみを持たせて、安心して眠れるようにしましょう。
どうしても寝てくれない時は、お母さんも一緒に布団に入って、寝たふりをしてみましょう。
知らないうちに、お母さんが寝てしまっていて、気づくと子どもも横で寝ていることもあります。
1人で遊んで困る時には、灯りを消し真っ暗にして、諦めさせましょう。
真っ暗にしても遊んでいる場合は、「おばけが来るぞ~!」と言って、脅かすのも1つの手でしょう。
でも、怖がらせ過ぎてはいけませんよ。
「夜は、おばけが楽しむ時間で、良い子は寝る時間なのだよ」などとお話を聞かせてあげましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。