スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頼れる絵本

子どもは、いろんな質問をしてきますが、それにうまく答えることができず、困ってしまうことがあると思います。
そんな時におすすめの絵本を紹介します。
「あかちゃんはどこから?」(ストーンズ作・ポプラ社)は、子どもにも理解しやすい「性」に関する本です。
清潔感のあるかわいい絵と、わかりやすく正確な内容となっています。
大人も勉強させられる本です。
「おんなのこってなぁに?おとこのこってなぁに?」(ワックスマン著・福音館書店)は、いろいろな人種の女の子と男の子の写真が、たくさん載せられた絵本です。
男と女の違いについて、短い言葉を使って語られています。
「みんな同じ人間だから、その違いを大事にしましょう」というメッセージが込められています。
「かぜはどこへいくの」(ゾロトウ作・偕成社)は、自然に興味を示す子におすすめの本です。
男の子が自然に関する質問をして、それに優しくママが答える場面を描いた絵本です。
「ずーっとずっとだいすきだよ」(ウィルヘルム作・評論社)は、子どもが「死」とは何か、と疑問を持つようになった時におすすめの絵本です。
子どもにとって、最も身近な「死」は“ペット”の死でしょう。
この絵本は、ずっとかわいがっていた愛犬が、老いて死んでしまう話です。
愛しているものを失ってしまう悲しみと、愛し続けることの大切さが、子どもにも伝わるはずです。
「わたしたちのトビアス」(スベドベリ作・偕成社)は、障害をもつ人について説明するのにおすすめの本です。
この本は、ダウン症のトビアスの幼い兄姉が描いた絵と文で作られています。
兄姉はトビアスの障害を受けとめて、心から弟を愛しているという思いが伝わってきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。