スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

答えにくい質問をされたら?

子どもは、さまざまなことが疑問となり、どんなことでも聞いてきます。
その中で、最も答えづらい質問は、「どこから赤ちゃんが来るの?」だと思います。
この質問は、親にとっては、とてもキツイ質問ですが、大切な質問でもあります。
この質問に答えるには、「性交」と「外性器」という2つの単語を抜きには語れません。
この2つは、簡単に口にするべきではない、とされてきた言葉なので、とても言いにくいと思います。
しかし、現代においては、性に関する情報が、氾濫しています。
ウソをついてごまかすことは簡単ですが、必ずいつかはバレてしまいます。
その時、「お母さんは自分を信頼していなかったのだ」と感じさせてしまうかもしれません。
親と子どもの信頼関係を崩さないためにも、性について、幼児期のうちから語ることができる関係をつくりましょう。
子どもが質問した時、イヤな顔をしてしまうと、子どもは「聞いてはいけないのだ」と思い、二度と質問しなくなります。
そして、成長しても、性の悩みや相談を親にできなくなります。
赤ちゃんの誕生に関する質問は、親と子の「性」の懸け橋となる重要なテーマなのです。
思春期に、性に関する悩みを抱えた時、しっかりと懸け橋が築かれていれば、子どもは一番の相談相手として来てくれるはずです。
もし、子どもが質問してきたら、笑顔で全てを話しましょう。
わからないことがあれば、勉強してから後日答えても良いです。
子どもなりに、わかる言葉を拾いながら理解できるはずです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。