スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おねしょの悩み

トイレトレーニングができてきた子でも、夜におねしょしてしまう子は多いようです。
おしっこの排尿機能は、昼と夜では違い、その発達も異なっています。
機能が十分に発達すれば、自然とおねしょはなくなるので、心配しなくても大丈夫です。
2歳半くらいでオムツが取れる子もいますが、おねしょは、小学校に入る頃までになくなれば良い、とゆとりを持って見守ってください。
それでは、うまく機能を発達させるためのポイントを紹介します。
重要なのは、「坑利尿ホルモン」という、夜おしっこの量を減らしてくれるホルモンを出すために、生活習慣を見直すことです。
夜中、熟睡している時に起こすと、坑利尿ホルモンの分泌量が減り、睡眠リズムも狂ってしまいます。
夜中に起こしてトイレに連れて行くと、その時間におしっこを出すのが習慣となり、「夜尿症」になってしまうこともあります。
食事は、規則正しくとりましょう。
夕食の時間が遅く、その後すぐ寝ると、体はまだ起きているので、抗利尿ホルモンが分泌せずに、起きた状態と同様におしっこを作ってしまいます。
また、塩分の取り過ぎは、おしっこの量を増やし、体から余分な塩分を出そうとします。
そして、体内の水分が不足すると喉が渇くので、水分を摂り過ぎてしまいます。
そのため、薄味の食事を食べさせましょう。
早寝早起きをすると、自律神経やホルモン分泌といった、体のリズムを整えることができます。
そのためにも、昼間は、体を思いっきり使って遊び、夜ぐっすりと眠れるようにしましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。