スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しい「しつけ」

「しつけ」とは、やって良いことと、悪いことを判断させることです。
子どもに対して、愚痴のようにダラダラと言い続けるのは、良くありません。
まず、どうして叱られているのかを、子どもがわかるように伝えましょう。
子どもは、なぜ自分が叱られているのかわからないでいると、親がどんなに怒鳴っても、ただ興奮しているだけだと思って、聞き流してしまいます。
何がいけなかったのか、どうしたら良いのかを、具体的に説明にしましょう。
子どもに、怒鳴ったり叩いたりするのは、親の感情を、子ども対してぶつけているだけです。
子どもは、自分が、親の感情を爆発させる標的だと気づくと、反抗的な態度をとるようになったり、逆に、グズグズとした消極的な態度をとるようになったります。
そして、親が指示する通りには動かなくなります。
また、ほかの人から子どもが注意されると、自分に対して非難されていると捉えて、感情的になってしまいがちです。
困った行いをしているのは、“子ども”です。
問題になっている事実は誰がやっているのか、と一呼吸置いて考えれば、冷静になれるはずです。
自分が非難や否定をされた、と受け取れば、誰でも頭にきてしまうものです。
これは誰についての問題なのか、と子どもと自分とを切り離して考えることで、体罰とならないしつけができるようになります。
親が、日常の行動や礼儀を手本として見せていれば、その子のペースで、それらが身についていきます。
子どもは、一度では学習できないものです。
そのことをいつも頭に入れていれば、感情的になることはなくなります。
しつけとは、子どもと親の「根気比べ」と思って、心に余裕をもつことが大切です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。